KMD版 センセのところ ~ 奥出 直人先生 ~

大好評!センセのところとは生徒のお悩み相談室です。
悩み、人生相談、ぶっちゃけ話など、KMDのセンセに日頃聞けないことを、我々KMD Journalが代わりに聞きに行っちゃうこのコーナー。

 

今日はデザイン思考の巨匠、奥出 直人先生です。

奥出先生のOIKOSプロジェクトの合宿の様子はこちらから

 

なんと質問文の約10倍以上の分量でお答えくださいました!

日々に追われがちな方にはぜひ読んでいただきたいっ!

 

キツくてもやりがいのある充実した楽しいKMDライフ!…を送りたいと思って入学しましたが、目の前のタスク処理に追われている感覚ばかりで、KMDライフを楽しむことができていません。 ご多忙な先生方は、大変な仕事中心の生活で、どうやって日常の楽しみを感じていますか?

 

 

学問を知識を教えることから自ら実践を通して学ぶ形にするというのがKMDの大きな考え方で、教えるのではなくて学ぶというのが基本姿勢です。学ぶことは非常に大きくて受け身で教えられていた習慣が身についているとなかなか実践を通して学んでいくことは難しいものです。

まえに教鞭をとっていたSFCも僕がおしえるものは実践を通してしか身につかないので、大学院になると体が動かなくて苦労している学生がいました。そんな彼らにどうすれば実践を通して学ぶことができるようになるかを教えられるかを色々工夫していました。このころの活動は平凡社新書で『会議力』という形でちょっと本筋と離れた形で出版されていますが、そのエッセンスをちょっと説明してみます。

 

まず自分が30年後にどうなっているかを考えます。好きな様に考えればいいです。そして20年後、10年後と考えていきます。そして10年後に向けてどのように向かっていくのかを考えます。ここまでをA3の紙に2Bの鉛筆で図をかつようして書きます。書き方はどうでもいいですが、書き出すことが大事です。かけばうまくいく、これは社会学者のマートンが「予言の自己成就(じこじょうじゅ)と呼んだ面白い現象です。

さて、次に5年後、2年後、一年後、3ヶ月後を考えます。A3の紙に好きな様に書いて、丸で囲っておきます。こうするといま自分を取り巻いている状況がわかります。これを僕はシチュエーションペーパーと呼んでいます。状況説明の図ですが、もともとは英語のsituation room 辞書をひくと戦況報告室とか危機管理室という訳が出てきますが、ようするの状況を人目で把握できる部屋ということで、その意味から状況を人目で把握できる紙がシチュエーションペーパーです。

次に3ヶ月の状況をもとに1ヶ月、来週とシチュエーションを書いていきます。右上にゴールを設定します。そしてそのゴールを達成する場合はどのように個々のシチュエーションをつなげていけばいいのかを考えていきます。ゴールを達成するための道筋、つまり戦略が出来るわけです。

大学院の博士課程の学生には毎週日曜日の午後にこれを描くように指導しています。さてこれができると毎日やることを決めます。これをdailyと呼んでいます。自分新聞みたいな感じで今日やることをリスト化します。いわゆるアクションリストです。

次にアクションをイベント化します。当該のアクションを何時始めていつ終了するのかを書きます。そして一日をどう過ごすかを決定します。

こうして一日がおわったときに振り返ってjournalを書きます。これは日記です。dailyは計画をしめす朝刊で、journalは一日の活動の記録を示す報告書になります。

 

さて、大切なことはこれはto do listとそのチェックではないことです。何をどうするのかを考える。これは計画です。それを実行するためには自分の能力やあつかっているものの性質や一緒にやっている人の資質などいろいろな要素があります。時間も予定した時間より早かったり長くかかったりします。これを専門用語でsituated actionといいます。外科手術のような高度な実践においては計画を立てないと手術はできませんが、状況に合わせてやることを変えていかないと目的は達成できません。journalにはsituated actionの結果が書き込まれるわけです。

一日がおわってjournalをまとめて、明日行うことつまりdailyを考える。これを繰り返して、3ヶ月の活動の戦略を眺め、一週間に1回は5年後をみなおして、時々30年後を見直す。こうした作業をしばらく続けると、仕事を継続して続けて物事を終了することが出来るようになります。またチームで動くときはdailyとjournalを共有しているとコラボレーションがうまくいって、時間のシンクロがおこってきます。

 

この作業を毎日きちんと続けると3ヶ月位すると自分の活動にリズムが生まれてきます。このリズムがつかめると、リズムに合わせて仕事をしたりあそんだり、友達とあったりといろいろなことを楽しみながらも仕事をバリバリとやることが出来るようになります。やってみたらどうでしょうか?

奥出 直人

 

 

奥出先生、ありがとうございました!

このコンテンツはKMD FACTORY招待状に登録した方限定の特典コンテンツです。
招待状を受け取る際に登録したE-mailアドレスを入力してください。
まだご登録がお済でない方はこちらから。

“Haptics world through Macro Lens” Photo Essay Gallery by Masashi Nakatani

This mini essay  will discuss the relationship between visual expression and tactile feelings through close up photos.

TopPagePhoto_CroppedMasashi Nakatani, Ph.D.
Project Associate Professor

Biography : After receiving a Ph.D. in engineering, Masashi Nakatani worked for four years in cosmetic industry where he developed a haptic sensor system that evaluated softness of human skin. He returned to academic research in the spring of 2012 and has been conducting interdisciplinary research between sensor engineering and skin physiology. He also pursues to make a connection between research outcomes in academia and industry, represented by his recent inter-lab activity called TECHTILE (TECHnology based tacTILE design) project.

He conducted multinational collaborations with the BioRobotics lab at Harvard University (Cambridge, MA, USA), with the Haptics lab at McGill University (Montreal, Canada), and with the skin
physiology lab at Columbia University Medical Center (New York, NY, USA).

 

 

KMD FORUM
日時 : 2015年11月27・28日(金・土)10:00 〜 18:00
会場 : 五反田 東京デザインセンター
東京都 品川区東五反田5−25−19
東京デザインセンター

for more information : http://kmd-media.com/static/forum/

 

Wearables Becoming Mainstream vol.01

Wearables Becoming Mainstream

Today we interact more and more with computers throughout the day and sometimes don’t even realize it. Most obviously, we use smart phones and tablets. Yet, computers also “hide” in washing machines, dryers, kitchen utensils and more and more also in wearable accessories (e.g. watches) and finally also clothes. With these new technologies come new possibilities, we need to decide how we want to use them.
Wearable devices in form of the smart phone have already become an integrated part of our life and changed it substantially. Just think back on your last vacation or trip. Could you imagine it without your smart phone? Printing out maps, planning transportation, hotels, restaurants ahead of time. No “find my friends” or messaging applications telling you were your company is when they are running late. However, this is just the beginning.

img1
When I’m talking about wearables, I don’t just mean smart watches or bands, but a more personal form of computing. Computing you can wear like clothes accompanying you like a second skin wherever you go and most important supporting you seamlessly in every day tasks.
A word of caution, I’m speculating in these series of articles. Researchers often don’t have a good sense on where technology might go. To give you an example (also for early wearable computing systems), check out Figure 1. That’s me in 2005 with what we thought would be the future of wearables. It turned out that the future would be way less obtrusive and way more powerful. I’m talking about the smartphone.

Towards Wearable Tech

The more personal computing becomes; the more insights it can get from the users. For me the research directions of wearable, pervasive and ubiquitous computing share the same vision with slightly different flavors. The more computing we will have in our environments the less we have time interacting with them, therefore the computing devices need to become pro-active. Interfaces should vanish. The computing understands what I want and helps me to achieve it. To realize this idea researchers work with a wide variety of sensors detecting everyday activities from interactive stationary systems like the Kinect to wearable devices like the Myo (detecting muscle movement). Sometimes neither the user nor manufacturers are aware of the all the information contained in sensor data collected by these smart devices.

If you are wearing a fitness tracker throughout day/night, companies like FiBit or Jawbone know a lot about your lifestyle (when you get up, go to sleep) and even more private information about sleeping activities.
So far, private companies “own” the users data (step count, heart rate etc.).
Industry stances are quite broad on that matter: From Fitbit for example who lets you use their devices only if you upload your data to their online service to Apple on the other side claims “We don’t want your data”, store all of them in a vault on your phone (called Health Kit) and let you select whom you want to share your data with. Yet, still users need to trust these companies with potential very intimate data. Also, users are often not aware what information they are sharing.

Quo vadis?

Of course, the closer computing becomes the more difficult it is to design it well. We seen this now with a couple of devices, most prominently maybe with the mixed reception of Google Glass. Although I dismissed Glass due to battery runtime and the lack of everyday useful applications, my opinion changed a bit about head-worn devices when I gave Glass to my grandparents for a week. They could come up with a couple of interesting application scenarios. Moving away from the social acceptance issue, I believe society needs to have an open, informed discussion about important 2 related topics as soon as possible:
Privacy/Ethics and Democratization of Data.
First, who owns the data you or other people are recording? Second, what type of data can be processed or shared with companies/your employer? The Germany German constitutional court, for example, ruled the right to informational self-determination, meaning the citizens should have the right to determine the disclosure and use of their personal data. Yet, it’s till today it’s mostly not practiced and might be difficult to attain.
The other question, how can we use this data for the good of society (not optimizing for particular interest groups or companies).

Big Data – Big Liability Not Big Asset

The discussion around big data reminds me on old discussions about source code (e.g. producing software). In the beginning, more code was good leading even to developers being paid by the lines of code they produce. Yet, more code is often bad. It’s difficult to figure out what happens in the piece of software and makes it hard to find bugs. A lot of companies seem to believe more data is good. However, especially with wearable devices it touches a lot of privacy and ethic issues that consumers are not aware off (even though they agreed to the terms of the company by clicking “yes” in a “Terms and Conditions” Agreement). Big Data in itself can be more a liability than an asset. Actionable insights are an asset. Yet how to get there by just collecting a lot of physiological data (and by doing so violating the privacy and ethic sensibilities of your users) is not clear.

img2

Finally …

In this series of 3 articles I will explore the impact of wearables on society more. The next article will focus on eye wear. In my opinion, a very promising   technological development. In the last article, we will discuss how to get from just collecting data to actual change, from quantified self to practice design.

(Kai)-thumb-522x560-2114  Kai Kunze

Kai Kunze works as Associate Professor at Keio Media Design. He held a position as research assistant professor at Osaka Prefecture University 2012-14.
He was a visiting researcher at the MIT Media Lab, 2011.He earned his Ph.D., summa cum laude, in the Wearable Computing field from the University of Passau in Germany, 2011.
His work experience includes research visits and internships at the Palo Alto Research Center (PARC, Palo Alto, US), Sunlabs Europe (Grenoble, France), and the German Stock Exchange (Frankfurt, Germany).

潜入!パイプライン2 ーひゃあ〜!KMDは強烈個性の玉手箱やぁ〜!ー

 

a0002_005374_m

サブタイトルに特に意味はありません。

こんにちは、M1島田です。

本日は、春学期後期に行われたM1の必修授業「パイプライン2」のレポートをお伝えしたいと思います。

前回記事(パイプライン1)

 

 

パイプライン1でKMDの恐ろしさ…素晴らしさを体感した私たち15年4月入学のM1。

一つの山を登りきって、一息つきたい…と思ったけれど、間髪を入れずに目の前に現れたのは更に大きな山でした。

それが、パイプライン2です。

 

 

inakage-thumb-800x800-1517

パイプライン2、最初の週にいきなりKMDの大ボスとの格闘…講義が始まります。

我らが稲蔭委員長!!

毎日変わる、「どこで買うんだろう…?」と思わずにはいられないカラフルな柄シャツが講義の見どころ…

 

 

 

ではありません!笑

グローバルに活躍する「リーダー」とはどうあるべきか、

「アイデア」を「コンセプト」にまとめるにはどうしたらいいのか、

メディアの特性を活かした「デザイン表現」を考える、

など様々な実例を元に、遊び心溢れる講義でビジネスのベースを学びます。

座学もありますが、基本的にみんなで実際に体を使ったり頭を使って課題に取り組みます。

 

 

 

私が印象に残っているのは、やっぱりここでもエレベーターピッチ。

KMDに入るとよくやるんです。この訓練。

ある日突然、エレベーターで大企業の社長に遭遇するチャンスが訪れたら…

あなたはどんな言葉で自分を売り込むでしょうか?

 

43b8e5ef4d9fcd60f99b4d4eee353fb8_m

今回はクラッシュコースとは違い、実際にKMDのボスである稲蔭先生に自分を30秒以内に売り込んでみます。

教室のスクリーンにエレベーターの映像を流し、同期が見守る中、

自分がやりたいこと、その新規性、可能性、何を協力して欲しいのか等々、話します。

 

 

 

伝えるって難しい!

そして、エレベーターはやーーーーーーい!

だれか!時を…止めて…!!というか、エレベーターの扉開かないで!!

とか思いつつ、残酷にもあっという間に時は過ぎるものです。

 

 

人生のなかで、いつ、どこでチャンスが訪れるかは誰にもわかりません。

そのチャンスが明日来たとしたら、あなたはそれを掴み取れるでしょうか?

備えあれば憂いなし!

いずれ来るビッグウェーブに乗るための準備は、KMD生にとっては欠かせないのです。

 

 

そんなこんなで、色んなテーマでグループワークを経て、次の週!(雑)

 

 

11828572_10207294456859653_895227022986142462_n

今度はKMDが誇るインターネットビジネス界の巨人、古川享先生の授業。

みなさんご存知かとは思いますが、古川先生は日本Microsoftの初代CEOであり、

ビルゲイツや世界のインターネッツ猛者たちと幾つもの修羅場をくぐり抜け、対等に渡り合ってきたキングオブビジネスマン。

 

 

 

そんな先生の贅沢な授業を受けられるのはKMDだけ!

夢をビジネスとして実現させるための具体的な方法を教えてくださいます。

時には厳しいご意見もくださいますが、基本的に愛の鞭!

先生の懐の深さはマリアナ海溝に例えられるほどなのです。

(私にはなんの権限もありませんが、異論は認めません。)

 

 

378485_1735257957083_345923091_n

そのまた次の週は、太田直久先生と古川先生の共同授業!豪華!

自分のアイデアを人に簡単に伝えるための、

「プロトタイプビデオ」を全員が作成できるようになるための授業をしてくださいます。

KMDの所有する最新の映像・音響システムを実際に使いながら、実践的に学びます。

 

 

様々な撮影技法を座学で学び、

動画配信を実践したり、

照明の当て方による印象の違いを学んだり、

動画の素材を与えられて、編集によってグループごとに異なるストーリーを作ったり…

とにかく、すっごく楽しい授業です!!動画作り楽しい!!キャッキャ!!

太田先生のキャラクターも、お腹にやさし〜い感じです。

包み込まれます…

 

 

さて!!

 

 

これらの授業を踏まえて、グループでひとつのプロダクトやサービスを作り、

プレゼン、プロトタイピングビデオの発表を行います。

製品をどのように提供し、利益を得るのか、細かな想定まで行います。

 

 

それでは、今回はパイプライン2の作品の中で、

特に私の心を打ち抜いた作品のビデオをちょっとだけご紹介します!

 

 

 

独身男性のお家に住み着く、女の子のオバケがコンセプト。

寂しい一人暮らしに彩りを添える、AIとの対話サービスのご提案

「GHOST IN THE HOUSE」です。

 

 

 

 

いかがです?このサービス、ちょっといいですよね。

いかにもな妄想ですが、実現したらちょっと嬉しい。

実は、この動画はドバイで開かれるDubai Design Weekに出展が決定!!

現地のメディアにも取り上げられるみたいですよ!!キャーすごい!!

この動画を制作したグループはドバイでオイルのビッグウェーブに乗れるのでしょうか?

 

 

 

このように、単なる基礎講座に留まらず、

良いものは世界の大舞台に立つことができるパイプライン2の授業。

次のビッグウェーブに乗るのは、そう…あなたです!!!!

Why don’t you join us…?(ウインク、ばっちーーーーん⭐︎)

 

 

 

 

※毎年パイプライン2の優秀者がDesidn Weekに出展できる訳ではありません。

※パイプライン2の授業の内容が毎年同じな訳ではありません。

 

ライター:島田誠奈

プロトタイプビデオ
Actor:村田さとし
Director:高島瑛彦
Produced by: DK.FIVE

KMD版 センセのところ ~ 中村伊知哉先生

中村伊知哉先生編

質問

協生館では荷物置き場が少なく、割り当てられたロッカーはすでに借りてきた本でいっぱいです。そうすると、パイプラインで作るとしても小さいモノしか作る気になれません。もっと世界に羽ばたく大きなモノを作りたいのですが、どうしたらいいですか?

ペンネーム:やどかりさん

回答

巨大なロッカーを3Dプリンターで印刷することです。

中村伊知哉

 

センセのところとは生徒のお悩み相談室です。
本日から一般公開で質問を募集します。(匿名です) お悩みを教授方がズバッと解決致します!
(こちらでお悩みを選ばせていただきますので、公開されない場合はご了承ください)

例1
最近料理を始めましたが、揚げ物がなかなかうまくできません。
ミラノ風カツレツをふわっとあげるのにはどうしたらいいですか?

例2
パンクに生きたいのですが、どうしたらいいでしょうか?
真面目な質問から、趣味のことなど、なんでもどんどん質問してみてください!

質問フォームはこちら↓↓

http://goo.gl/forms/ekH7AUtjWo

中村伊知哉が見るクールジャパンの現在と未来 vol.1

 

中村伊知哉.001

 

■クールジャパン?ってかんじ。

 

初夏にパリ郊外で開かれる「ジャパンエキスポ」の会場。おっさんどもがアニソンをバックに踊りまくっている。コスプレの群れ。日本では絶滅種のガングロもヤマンバもいる。

15年前に3000人の来場で始まったこの日本文化イベントは、4日間で20万人が足を運ぶまでに成長。マンガ、アニメ、ゲームの御三家は海外に定着した。政府もコンテンツ産業に期待を寄せるようになった。

ところがコンテンツ産業は苦しんでいる。市場規模は拡大はおろか逆に減少している。出版も音楽も映画も放送もみな厳しい。マンガもアニメもテレビゲームも国内市場は減少している。

「クールジャパン」という言葉もよく聞くようになった。私が出演する「NHK Cool Japan」も、もう十年の長寿番組だ。しかし海外で御三家が奮闘しているとはいえ、コンテンツ全体ではまだ国際競争力を示していない。収入の海外・国内比は日本は5%で、アメリカの17%に遠く及ばない。

ゲームもビジネスの主戦場はテレビゲームからネットゲームに移行し、日本は出遅れた。かつてアジアでJ-POP旋風を巻き起こしたポップ音楽も、韓国のK-POPに地位を奪われた。

ただ、かつて取締りの対象でしかなかったポップカルチャーを政府が今や国の宝として扱っているのは、それが産業に元気を与えてくれるから。コンテンツがもたらすイメージやブランド力が他の産業を押し上げる効果を持つからだ。

そこで求められるのが複合クールジャパン戦略。コンテンツと、他業種との連携だ。エンタテイメントに食やファッションといった日本の強みを組み合わせ、総がかりで海外進出を図る。コンテンツ「を」売るだけでなく、コンテンツ「で」出て行って、複合的に稼ぐ。

アニメの主人公が着るファッションで魅せて、ラーメンを食べていただき、日本者をカッコいいと思ってもらう。コンテンツという文化力と、ものづくりという技術力をかけ合わせる。いずれも日本の強みだ。その両方を国内に持ち合わせている国は多くない。チャンスなのだ。

 

ポップパワープロジェクト KMD

 

KMDでも、これを後押しするリアルプロジェクトを進めている。私が担当する「ポップパワープロジェクト」では、エンタテイメント産業と連携して、音楽、マンガ、アニメ、ゲーム、お笑いコンテンツのプラットフォームを形成している。

音楽業界との共同によるJ-Pop情報の海外発信プロジェクト「Sync Music Japan」では、ほぼ全てのJ-Popアーティスト(約2000組)のデータベースを運営している。アニメでは、日本動画協会と連携し、マンガ・ゲーム、音楽、グッズ等の分野にビジネス展開する活動を進めている。「海外マンガフェスタ」では、大友克彦氏、浦沢直樹氏、ちばてつや氏、松本大洋氏らに参加してもらい、マンガの国際マーケットを作る活動を進めている。

学生主体の活動もある。きゃりーぱみゅぱみゅさん主演の「もしもしにっぽん」は、NHKワールドで世界放映し、ネットでも配信するほか、国内ではBSフジでオンエアというメディア融合番組。ポップな日本を英語で紹介する学生企画のネタをお届けしてきた。

吉本興業が展開する動画配信チャンネル「OmO」(オモ)では、学生たちがチャンネルを設け、番組を制作・配信している。映像を制作する人材の育成策やネットでの新ビジネスに関する共同研究だ。

マンガ、アニメ、ゲームなどのコンテンツと、ファッション、食や雑貨などの他産業を連携して、複合クールジャパン力を発揮する取組が「Tokyo Crazy Kawaii」。カワイイを世界各地でローカライズするプロジェクトだ。2013年秋、第一回をパリで開催、稲田朋美クールジャパン担当大臣(当時)にも参加いただいた。2014年には台湾。2015年にはタイ・バンコクで開催する。

東京五輪が来る2020年に向けて、クールジャパンの集積特区を作る大プロジェクトが「CiP=コンテンツ・イノベーションプログラム」。東京都港区竹芝地区に、コンテンツやITに関する研究開発、人材育成、起業支援、ビジネスマッチングを一気通貫で行う町を開く。

国家戦略特区として総理大臣の認定を受けており、テストベッドを構築するほか、沖縄・京都等の都市、アメリカ、韓国、シンガポール等の拠点を結ぶハブとして機能させる。スタンフォード大学との連携も強化する計画だ。
これら産学の動きに政府も支援の構えを見せている。政府・知財本部は、コンテンツの海外展開を重要事項に据えている。私が座長を務めるようになった5年前から、クールジャパンは政策の柱となっており、著作権制度や人材育成など長期課題を扱っている。

これとは別に、短期的な輸出促進策を練るため、「クールジャパン推進会議」も編成された。私はその下に置かれた「ポップカルチャー分科会」の議長も務めたのだが、その提言は、「政府主導ではなくて、みんな」で推進しようというものだった。政府の会議で政府主導を否定するのもオツなものだが、それを許すのも政府が本気であることを示している。

クールジャパンの政策は、むつかしい。まず、自分をクールなどと呼ぶことがクールじゃない。そもそもクールジャパンは13年前にダグラス・マッグレイ氏が記した論文「Japan’s Gross National Cool」がキッカケであり、日本が自ら進めたというより、海外からの発見に乗っかったものなのだ。「クールジャパン?」とでも表記して奥ゆかしくしているほうがよいのかもしれない。

それに、クールジャパンやコンテンツを話題にすると、「そんなの国のやることかよ!」という声が必ず飛び交う。ポップカルチャーの海外人気が認知されたとはいえ、未だサブカル扱いなのだ。

そう、国のやることだ。やるべきことはやらねばならぬ。これは特定産業の育成策ではない。コンテンツを支援するのは、外部効果が大きいからだ。コンテンツ産業の売り上げを伸ばすというより、コンテンツを触媒として、家電や食品や観光などを含む産業全体、GDPを伸ばすことが狙い。ソフトパワー、つまり文化の魅力で他国を引きつける政治学的な意味合いもある。

ただ、業界に補助金を与えたり、ハコものにカネをつけたりしてはいけない。支援するなら、アナウンス(旗振り)、規制緩和(電波開放や著作権特区)、減税。それで民間の自主的行動にインセンティブを与えることだ。そして、ハコよりヒトだ。

やることはいくらでもある。本音を言えば、日本に「文化省」を作りたい。文化、知財、ITに関する政策の司令塔を創設して文化立国を明確にしたい。その上で、ことポップカルチャーのような「みんな」が作り上げる文化の施策は、「みんな」が考えるのがいい。参加型の政策が欲しい。

20年前、官僚として政府にコンテンツ政策を打ち立てようと企てた研究会の事務局を務めていた時、ある委員の放った発言が今も耳に残る。「こういう政策は、本気で100年やり続けるか、何もやらないか、どちらかだ。」私は、「そうだ、政府は本気で100年やり続けろ。」と言いたい。

 

すなさんぽ
すなさんぽ
By ,   No tags,   0 Comments

8月某日。時は昼下がり。

所は東京ビッグサイト。

 

 

すなさん

みんなであの人の名前を呼んでみましょう。

っせ~の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\すなさ~~~~ん/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキャン

この記事は、インターネット界の偉人であり、KMDきっての奇人である砂原秀樹先生(以下、すなさん)の休日に密着し、

その生態に迫るレポートである。

 

 

おやおや、人混みの中からすなさんがひょっこり現れましたね。

関係ないから見なくていいよ_9688

こんにちは、すなさん。今日は宜しくお願いいたします。

 

 

本日やってきたのは「鉄道模型コンテスト」。凄い賑わい。

 

ほい3

鉄道模型コンテストとは、「鉄の甲子園」と言われていて、高校生や有志団体が鉄道模型の制作発表をする場であるとともに、

様々なイベントや体験型ワークショップを行うイベントです。

今年の鉄道模型コンテストは特別協賛の鉄道模型メーカー・KATOのNゲージ50周年イベントとあって、

鉄ちゃん&鉄子のボルテージも上がっております。

 

 

鉄オタもいろいろな種類がありますが、すなさんはKMDの中でも有数の、模型を愛する鉄オタ。

学生たちの鉄道への熱い思いをしかと受け止めんと、気合十分です。

(KMDの教授陣の鉄オタ率は高い。古川亨先生は鉄道写真家を自称する程!)

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_5340

早速学生たちに話しかけながら、各展示を回るすなさん。

 

 

 

時折テンションがあがってスタスタ早歩きになります。

 

関係ないから見なくていいよ_1106

まってまって~~~~

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_8754

歩き回っているうちに鉄道模型・そしてKATOの歴史をたどるコーナーにきましたね。

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_5209

新幹線の車幅と在来線の車幅について熱心に解説してくれるすなさん。

 

 

 

お次は鉄道車体に記されている機種名の解説。

いい感じにヒートアップしてきていますよ…

関係ないから見なくていいよ_5282

「なはっ!!!!!!」

 

 

 

 

このヒートアップぶりは…

春学期の授業「Computer System Architecture」でも見たことがない高ぶり。

ちなみに、Computer System Architectureは、コンピューターの進化の歴史をたどりつつ、どのような仕組みで動いているのか、

どんなことができるのか、等々、コンピューターの世界をわかりやすく、というかわかるまで叩き込んでくれる素晴らしい授業です。

 

 

 

砂原先生はWIDEという組織で日本のインターネットを村井純さん等と共に作り上げた伝説的人物でありながら、

初心者のいかなる質問にも答えてくださるありがた~い教授なのです!

この人が居なければ、この記事はみなさんに届かないんです。

日本のインターネットを作った一人なんですからね。

 

 

 

そんなすばらしい教授をこんな記事でフランクに取り上げていいのか!?

いーんです!!!笑

 

 

 

おっと、脱線してしまいました。(鉄道だけに)

 

 

 

おやぁ、これは高校生モジュール部門文部科学大臣賞 最優秀賞を勝ち取った作品ですね。

むむっ!!これは女子校!!

共立女子高等学校 地理歴史部!!

 

 

 

ほい1

そうそう、先ほどから鉄ちゃん&鉄子と言っていますが、鉄道の世界には女の子だってちゃんといるんです。

しかも、鉄子は結構活躍しているんです!共立女子の地理部に関しては前年度は優秀賞でした。

「地理部」故に、全員が全員鉄子な訳ではないですが、部員の中には様々な鉄道オタクがいるそうです。

わたしがお話を聞いたのは「音鉄(鉄道の音を楽しむオタク)」ちゃんでした。

 

 

関係ないから見なくていいよ_1338

グランプリを取った共立女子高等学校の他に、複数校、女子校が出展しています。

こちらは白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン班の作品。三谷幸喜監督の「マジックアワー」の世界。

ネオンがリアル!!!

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_3315

こちらも白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン班の作品。みなさん手先が器用で、

かつ、想像力や表現力がすばらしいです。これは「ポニョ」の世界ですね!

 

 

 

白梅学園も昨年は来場者が選ぶベストワン賞に選ばれたようです。

鉄子ちゃんたちは優秀!!!!女の子だから、手芸感覚で器用に世界観を作れるんですね。

これからも、鉄子ちゃんたちの活躍には期待したいですね。

 

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_305

おおっと!催し物コーナーでは、多くの鉄ちゃん&鉄子を支える企業・KATOの加藤社長自ら登壇されています。

KATO社長、トークもキレキレ!!ハッピ姿もキマってる!!

観客の皆さんの反応もバッチグーです!!

 

 

 

なぜ、一大学院のウェブ記事にこんなに特定の企業が登場するのか…

それは、KATOが我らがフォーラム”KMD FACTORY”のスペシャルパートナーだからです。

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_3580

お、競合他社の社長たちもいっしょ!!

シャッチョサーン!!!!!!!達の夢の共演。

鉄オタたちの質問や要望に回答していますね。

ファンたちの声を真摯に受け止める社長さんたちには本当に頭が下がります。

 

 

関係ないから見なくていいよ_3413

話を聞くすなさん。

ちなみにすなさん、当たり前ですが、KATOから出た50周年記念鉄道模型を予約。

 

 

 

241d2f_ea7739cdb15342388d77da9406604067.jpg_srz_789_488_85_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srz

さすがです。

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_1889

おや、すなさん…

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_6136

満面の笑みでこちらをみています。

なにか発見したようですね。

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_2387

機関車が倉庫に入るときにぐるぐるするやーつ!!!!

(正式には「転車台」といいます。)

 

 

機関車好きにはこれ以上ないロマンですね。

 

 

関係ないから見なくていいよ_5991

ややっ!珍しいものを発見!

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_5750

SONYも昔はNゲージをだしていたそうです。

人に歴史あり、企業にも歴史あり、Nゲージにも歴史あり!!!

 

 

 

 

 

なんだか歩き疲れてしまいましたね。

KATOの歴史や鉄ちゃん&鉄子の熱気に触れた1日でした。

青春を鉄道に捧げる青年達はまぶしかったです。

来年はわたしも鉄道模型作っちゃおうかな!?

すなさんはまだまだ元気のようですが、今日のすなさんぽはここまで!

 

 

 

次回のすなさんぽ(開催未定)にご期待ください。

 

 

KATO HP

http://www.katomodels.com

 

 

ライター:島田誠奈

クオリティが異常に低い写真:島田誠奈

修士一年、最初の試練!パイプライン1

こんにちは、修士一年の島田です。

毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

今日は、KMD修士一年の最初の試練・パイプライン1について紹介したいと思います。

 

 

 

 

industry-569145_1280

「パイプライン?なんのこっちゃ?」とお思いでしょう。

パイプラインとは、KMDの必修カリキュラムのことで、1~3まであります。

授業は春学期の前期と後期のほぼ毎日、一、二限。(朝の9時から!)。

早起きの習慣がつきます!笑

(※KMDでは一年に4学期あり、春学期前後期・秋学期前後期に分かれているのです。)

この授業を通して、メディアイノベーターとしての基礎を叩き込まれるってわけです。

 

DTMP

パイプライン1はKMDが提唱するDTMP(Design/Technology/Management/Policy)に於ける、全ての基礎を学びます。

 

 

イメージ003

まずは、Design

「デザイン」は、所謂デザインを学ぶのではありません。ここでは、考え方を学びます。

 

 

 

Okude-thumb-800x800-1514

奥出先生や

 

 

 

 

Inami-thumb-800x800-1516

稲見先生、

 

 

 

Minamizawa-thumb-800x800-1508

南澤先生が担当します。

電化製品を分解してものがどういう仕組みになっているのか学んだり、

 

IMG_9289

 

レーザーカッターや3Dプリンタの使い方を学んだり、

FullSizeRender のコピー

デザイン思考のグループワークで考えた製品のプロトタイピングビデオを作成したり、

稲見先生から「科学的に考える」ための基礎講義を受けたり…

毎朝同じメンバーと顔をあわせるので、みんなどんどん「仲間」になります。

 

 

 

 

イメージ001

次にTechnology

テクノロジーは、

 

 

 

Okawa-thumb-800x800-1515

大川先生、

 

 

 

Kato-thumb-800x800-1504

加藤先生、

 

 

 

Sugiura-thumb-800x800-1513

杉浦先生、そして南澤先生が担当します。

コーディング(HTML・CSS)を学んだり、

二進法を学んだり、

Virtual boxやDebian Linux OS を実際に動かしたり、

 

 

 

 

 

私は全くの機械音痴でパソコンの難しい操作分からない怖い嫌い触りたくないシンドロームでしたが、

先生の優しい説明と、丁寧なティーチャーアシスタントのフォローでなんとかついていけました!

 

 

 

 

イメージ004

次にManagement

 

 

 

 

Kishi-thumb-800x800-1505

これは岸先生が担当します。

 

 

 

 

 

内容は、先生が毎週出す経済に関する課題の本を全て読み、週に一度行われる講義ではディスカッションをするといったものでした。

かなりタフ!私は文学部出身でしたし、経済の「け」の字も知りませんでしたが、発言し、授業に積極的に貢献しないと単位は来ません…。

ただ、勇気を出して「自分の意見を述べる」ことはどのような仕事についても、どのようなポジションでも大切なことです。

そして、間違った発言をして、失敗する経験もとても大切。KMDは失敗を歓迎する風土があるので、安心してディスカッションできます。

また、今年はi-modeを作った夏野剛さんがゲストスピーカーでいらっしゃいました。

 

 

 

 

イメージ005

次にPolicy

 

 

 

 

nakamura-thumb-460x460-1567

これは中村伊知哉先生が担当します。

 

この授業はとにかく内容が盛りだくさん。

グループディスカッションで、クールジャパン、コンテンツビジネス、2020年の東京オリンピックにむけた政策等を話し合ったり、

その内容をきちんと中村先生をはじめ、知財専門の先生や弁護士の先生にフィードバックをいただいたり、

内閣官房審議官でNISCから2週連続で日本のIT政策に関するリアルなお話を聞いたり、いろいろあるんですが!!!

なによりすごいのは伊知哉先生のトーク力。すごく話すのが上手です。

人を説得して政策を通していくには、こういう話の上手さは必須だなとヒシヒシ感じました。

たまに出る京都人っぽい皮肉もナイスです。

 

 

 

 

 

ここまででパイプライン1の内容について紹介しましたが…

この内容を、二ヶ月弱で行います…!!!!!

叩き込まれます!!!!!

最初は毎日の早起きや毎日たくさん出る課題、グループワークに苦戦するかもしれません。

ですが、ここをやりきらないと真のイノベーターにはなれないのです。

このパイプラインを通して「修士の修は修行の修!」を体感することになるでしょう。

しかし、「鍛え直される」という経験も悪くないものです。

終わってみると清々しく、できるようになったことが自分の誇りに変わるはずです。

 

 

 

 

 

では、今日のレポートはここまで!

次回のリポートは春学期後期に行われたイノベーションパイプライン2、~地獄の二丁目~をお送り致します。

 

ライター:島田誠奈