KMD Forum2015 にてichiroのSpecial Blues ROCK LIVE開催!(11/28)

 

OIKOS – Music Projectは、2012年よりかけはし芸術文化振興財団(旧ローランド芸術文化振興財団)、
龍角散、白寿生科学研究所、シブヤテレビジョンなどの協力のもと新しい音楽教育の開発プロジェクトを行なっています。

具体的には、CLASSIC・JAZZの新しい専門的音楽教育のカリキュラム研究開発、教材化、音楽産業に関する調査・開発を行い、新たな音楽産業の立ち上げや拡大をしながら、音楽教育によりクリエイティビティを体系的に学ぶ環境を整え、これから日本において求められるクリエイティブ産業の創出を担う人材育成を図る研究を行なっています。

 

10473385_767010200027219_6378053445173542779_n

 

研究の成果として、2015年から寄付実験授業としても声楽の授業が開講され、
また2016年度からは日吉に正式な音楽実技授業としてJAZZの科目が2科目開講されることが決定しました。
2012年プロジェクト発足のときから、「POPS&ROCK」の授業研究を視野に入れていたのですが、
なかなか実行することが難しく、今期よりPOPS&ROCKの研究授業を開講することとなりました。

 

music OIKOS

 

総合大学に音楽教育の授業を開講するということは、音楽の授業をただ行うことではなく、総合大学が研究対象として音楽と社会のあり方を基本から考えなおすことも目的にしています。
その目的は、「授業開講」という目的をただ達成しただけでなく、音楽専門家の活動場所として「人々が生活する場所」を想定し、音楽活動を恒常的に維持できるコミュニティ活動を創り、その活動を支える新しい音楽産業や教育システムもデザインすることにもつながっています。音楽は美しく心に響く芸術です。

しかし、時として音楽を道具として捉えることで音楽の成せる可能性はさらに大きなものとなると考えています。人を育て人々の営みを豊かにするため音楽を人々の生活の中に戻すこと、また新たに取り入れていくことで人々に幸せな生活が訪れると確信をもち研究を続けています。

 

ichiro music KMD FACTORY

 

KMDフォーラムでは、KMD OIKOS MUSIC PROJECTで開講している

POPS&ROCK 研究授業の講師であるichiro氏のライブをKMDフォーラムで開催します。

 

「Bluesとは心の表現であり、間違いも無い、自由な心の表現こそがBluesです。
社会にも会社にも、そして生きる上でも通じる理論です。言動も行動も原動は全ての事に心して向かう、そして挑むこの継続して繰り返すことで自分の明日が決まると考えています。

待つのではなく、踏み込むことで、自分の一生を彩ることができます。
この表現こそBluesが特化している大切な所です。音楽、ギター、声を通じて以上のことを伝えます。by ichiro」

 

ichiro氏の魂の音楽、自由な心の表現Blues ROCKを感じてください。(Mizukami)

 

==============================================================

■ 日程 2015年11月28日 16:30〜17:30
■ 会場 東京デザインセンター ガレリアホール
■ 出演者 ichiro

■KMD FACTORY公式web  http://kmd-media.com/forum/
※KMDフォーラムへのご来場は一般公開です。どなたでもご自由に来場頂けます。
ichiro LIVEのライブスペースへの入場は抽選とさせていただきます。予めご了承ください。
厳選な抽選の上、LIVE入場時に必要な整理券をお送りさせていただきます。

ichiro LIVEについてのお問い合わせ&お申し込みは、招待状フォームにてお申し込みください。

http://kmd-media.com/forum#invitation–anch
お申し込み受付後、11月18日までに抽選の結果をメールにてお知らせいたします。
皆様のお申し込みをお待ちしております。

==============================================================

こんにちは!M1の島田です。

本日、KMDの本拠地である日吉は、秋の陽気が気持ちのいい日でした。

こんな爽やかな日は、つなぎを着たかわいい女の子を見たくなります!

レッツ撮影ターーーーーーイム!!!

KMDには、それぞれの熱い思いを持って、自らの研究に邁進する美しい女子がいます。

そんな姿を少しでもみなさんに見ていただきたく、

つなぎ女子を企画しました。

 

FullSizeRender-4

 

ぜひつなぎ女子のHPをチェックしてくださいね。

随時更新しています!

 

 

また、11月27、28日に五反田のデザインセンターで行われる

“KMD FACTORY”では、実際につなぎを着たKMD生が皆様のお越しをお待ちして居ります!

どうぞお楽しみに!

 

では、今日の撮影の一部を少しだけお見せします。

IMG_1730

ハッキングスタジオではんだ付けするつなぎ女子

 

 

IMG_1726

ひょうきんなつなぎ女子

 

 

IMG_1719

協生館アピールのつなぎ女子

 

 

IMG_1731

音楽スタジオでクラリネットを奏でるつなぎ女子

 

 

KMDは…つなぎ女子の玉手箱やぁあああああ!!!!!

第一回CiPシンポジウムが開催!ところでCiPって何?

 

こんにちは。KMD修士2年の宮本です。

今回は、私が院人生をかけている「CiPプロジェクト」について紹介させて頂きます。

 

みなさん、自分の街を作ってみたいと思ったことはありませんか?ありますね。そうです。

CiPプロジェクトでは、中村伊知哉教授のもと、東急不動産様、鹿島建設様とタッグを組み

浜松町駅近くにある竹芝地区の再開発をしています。

 

Cip KMD

 

こんな最高な立地に、

 

Cip KMD

 

こんな建物を作るのです。

 

ワクワク以外の感情が無くなりそうです。

 

シムシティをやっていた皆様には分ると思います。街作ってると、

どうしようもなく集積したい気持ちになってきますよね?わかります。

あーこの街なんか足りないなあー…。集積したいなあー。あーしゅ…。

 

ということで、私たちは、竹芝地区をデジタルとコンテンツの集積地にしようとしています。

CiPというのはContents Innovation Programの略。

CiPプロジェクトでは2019年の街開きに向けて、協議会を設立。

 

国家戦略特区の認定も受け、テレビ局をはじめとしたメディアから、

コンテンツ、デジタル系のまで、現在約30社ほどの企業、組織を会員として、

2015年より活動を開始しています。そして、この協議会を中心とし、

【研究開発・人材育成・起業支援・ビジネスマッチング】というサイクルを

竹芝に生み出そうと活動をしています。

 

で、実際どんな街になるの?とお思いの方。焦らないで下さい。

それが分かってたら、既に作ってます。

街の人が皆ドローンで移動する街かもしれませんし、

3Dホログラムの人がバーチャルに観光をしている街かもしれません。

まさに今、CiPではそのような発想を会員の皆様と広げています。

 

そんな中、なんと2015年9月17日に(宮本が企画した)第一回CiPシンポジウムが開催されます!

 

Cip

 

【テーマ】

「2020におけるライブ体験~私達はどのようにオリンピックを観戦するのか~」

【開催日時】

日時:2015年9月17日(木) 17:00~19:00

【登壇者】

齋藤 精一様(株式会社ライゾマティクス代表取締役)

暦本純一様(東京大学大学院情報学環 教授)

古川 享様(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)

水口哲也様(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任教授)

 

実にそそられますね。Perfumeの演出や、広告分野でも活躍されている斎藤様を始めとし、

技術、ビジネス、ゲームの分野からこの上ない登壇者の方にお集まり頂きます。

ヴァーチャルリアリティてなに?ビジュアル系バンド?などとお考えの皆様。

是非ご来場ください。とてつもなくワクワクする未来の話が聴けるかと思います。

 

また、単にCiP協議会、竹芝再開発に興味を持っていただいた皆様も、

CiP全体に関する説明もさせて頂きますので是非ご来場ください!

詳細はこちら→ http://takeshiba.org/cipsympo_001/

 

KMD Forumでもブースを出させていただくかと思います。皆様、是非お立ち寄りください!

 

以上CiPでした。

 

すなさんぽ
すなさんぽ
By ,   No tags,   0 Comments

8月某日。時は昼下がり。

所は東京ビッグサイト。

 

 

すなさん

みんなであの人の名前を呼んでみましょう。

っせ~の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\すなさ~~~~ん/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキャン

この記事は、インターネット界の偉人であり、KMDきっての奇人である砂原秀樹先生(以下、すなさん)の休日に密着し、

その生態に迫るレポートである。

 

 

おやおや、人混みの中からすなさんがひょっこり現れましたね。

関係ないから見なくていいよ_9688

こんにちは、すなさん。今日は宜しくお願いいたします。

 

 

本日やってきたのは「鉄道模型コンテスト」。凄い賑わい。

 

ほい3

鉄道模型コンテストとは、「鉄の甲子園」と言われていて、高校生や有志団体が鉄道模型の制作発表をする場であるとともに、

様々なイベントや体験型ワークショップを行うイベントです。

今年の鉄道模型コンテストは特別協賛の鉄道模型メーカー・KATOのNゲージ50周年イベントとあって、

鉄ちゃん&鉄子のボルテージも上がっております。

 

 

鉄オタもいろいろな種類がありますが、すなさんはKMDの中でも有数の、模型を愛する鉄オタ。

学生たちの鉄道への熱い思いをしかと受け止めんと、気合十分です。

(KMDの教授陣の鉄オタ率は高い。古川亨先生は鉄道写真家を自称する程!)

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_5340

早速学生たちに話しかけながら、各展示を回るすなさん。

 

 

 

時折テンションがあがってスタスタ早歩きになります。

 

関係ないから見なくていいよ_1106

まってまって~~~~

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_8754

歩き回っているうちに鉄道模型・そしてKATOの歴史をたどるコーナーにきましたね。

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_5209

新幹線の車幅と在来線の車幅について熱心に解説してくれるすなさん。

 

 

 

お次は鉄道車体に記されている機種名の解説。

いい感じにヒートアップしてきていますよ…

関係ないから見なくていいよ_5282

「なはっ!!!!!!」

 

 

 

 

このヒートアップぶりは…

春学期の授業「Computer System Architecture」でも見たことがない高ぶり。

ちなみに、Computer System Architectureは、コンピューターの進化の歴史をたどりつつ、どのような仕組みで動いているのか、

どんなことができるのか、等々、コンピューターの世界をわかりやすく、というかわかるまで叩き込んでくれる素晴らしい授業です。

 

 

 

砂原先生はWIDEという組織で日本のインターネットを村井純さん等と共に作り上げた伝説的人物でありながら、

初心者のいかなる質問にも答えてくださるありがた~い教授なのです!

この人が居なければ、この記事はみなさんに届かないんです。

日本のインターネットを作った一人なんですからね。

 

 

 

そんなすばらしい教授をこんな記事でフランクに取り上げていいのか!?

いーんです!!!笑

 

 

 

おっと、脱線してしまいました。(鉄道だけに)

 

 

 

おやぁ、これは高校生モジュール部門文部科学大臣賞 最優秀賞を勝ち取った作品ですね。

むむっ!!これは女子校!!

共立女子高等学校 地理歴史部!!

 

 

 

ほい1

そうそう、先ほどから鉄ちゃん&鉄子と言っていますが、鉄道の世界には女の子だってちゃんといるんです。

しかも、鉄子は結構活躍しているんです!共立女子の地理部に関しては前年度は優秀賞でした。

「地理部」故に、全員が全員鉄子な訳ではないですが、部員の中には様々な鉄道オタクがいるそうです。

わたしがお話を聞いたのは「音鉄(鉄道の音を楽しむオタク)」ちゃんでした。

 

 

関係ないから見なくていいよ_1338

グランプリを取った共立女子高等学校の他に、複数校、女子校が出展しています。

こちらは白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン班の作品。三谷幸喜監督の「マジックアワー」の世界。

ネオンがリアル!!!

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_3315

こちらも白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン班の作品。みなさん手先が器用で、

かつ、想像力や表現力がすばらしいです。これは「ポニョ」の世界ですね!

 

 

 

白梅学園も昨年は来場者が選ぶベストワン賞に選ばれたようです。

鉄子ちゃんたちは優秀!!!!女の子だから、手芸感覚で器用に世界観を作れるんですね。

これからも、鉄子ちゃんたちの活躍には期待したいですね。

 

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_305

おおっと!催し物コーナーでは、多くの鉄ちゃん&鉄子を支える企業・KATOの加藤社長自ら登壇されています。

KATO社長、トークもキレキレ!!ハッピ姿もキマってる!!

観客の皆さんの反応もバッチグーです!!

 

 

 

なぜ、一大学院のウェブ記事にこんなに特定の企業が登場するのか…

それは、KATOが我らがフォーラム”KMD FACTORY”のスペシャルパートナーだからです。

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_3580

お、競合他社の社長たちもいっしょ!!

シャッチョサーン!!!!!!!達の夢の共演。

鉄オタたちの質問や要望に回答していますね。

ファンたちの声を真摯に受け止める社長さんたちには本当に頭が下がります。

 

 

関係ないから見なくていいよ_3413

話を聞くすなさん。

ちなみにすなさん、当たり前ですが、KATOから出た50周年記念鉄道模型を予約。

 

 

 

241d2f_ea7739cdb15342388d77da9406604067.jpg_srz_789_488_85_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srz

さすがです。

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_1889

おや、すなさん…

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_6136

満面の笑みでこちらをみています。

なにか発見したようですね。

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_2387

機関車が倉庫に入るときにぐるぐるするやーつ!!!!

(正式には「転車台」といいます。)

 

 

機関車好きにはこれ以上ないロマンですね。

 

 

関係ないから見なくていいよ_5991

ややっ!珍しいものを発見!

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_5750

SONYも昔はNゲージをだしていたそうです。

人に歴史あり、企業にも歴史あり、Nゲージにも歴史あり!!!

 

 

 

 

 

なんだか歩き疲れてしまいましたね。

KATOの歴史や鉄ちゃん&鉄子の熱気に触れた1日でした。

青春を鉄道に捧げる青年達はまぶしかったです。

来年はわたしも鉄道模型作っちゃおうかな!?

すなさんはまだまだ元気のようですが、今日のすなさんぽはここまで!

 

 

 

次回のすなさんぽ(開催未定)にご期待ください。

 

 

KATO HP

http://www.katomodels.com

 

 

ライター:島田誠奈

クオリティが異常に低い写真:島田誠奈

何もかもが想像以上だった・・・ワークショップコレクション11にKMD参戦!

ワークショップコレクション11 KMD

 

8月29日、30日に開催された「ワークショップコレクション11 in シブヤ

前回の記事でもご紹介した通り、主催はKMDの教授陣である

石戸奈々子先生、中村伊知哉先生が運営を行うNPO法人CANVASなのです!

 

ワークショップコレクション KMD

毎年、様々な場所をハックするワークショップコレクションですが、

今年は渋谷全域にわたる11の施設がサテライト会場としてハックされ、

特にメイン会場である取り壊し前の東急不動産本社ビルは

豪快に使われていました!!!どこにでも落書きし放題!!!

 

それだけじゃない、ワークショップ数も最大級!!!

150以上のワークショップが出展されていました。1日じゃ回りきれないっっっ!

 

さてさて、KMDのプロジェクトからもいくつか出展されていると聞きつけ

会場を探してみると・・・

 

デジタル絵本 KMD

 

ありました、ありました!デジタルえほんのお部屋です。

デジタルえほんは主催者である石戸奈々子先生が代表をつとめています。

 

デジタルえほん KMD

 

ごしごしごしごし(歯磨き中)

 

デジタルえほんアワード KMD

 

今回開催された第4回デジタルえほんアワードでグランプリを受賞した

面白法人カヤックの「ダンボッコキッチン」もありました!

 

さて、次にすすみましょ〜

 

ピカリバブル KMD

 

やややっ!すごい列が!!!

行列を作る親子のまなざしの先にあったのは・・・

 

バブルサッカー

 

光るバブルサッカー!!!!!!!!!

なんかカッコいい!なんか楽しそう!

そして大人が入れば、足がほとんど出るバブルボールも

子どもが使うと足がちょこっとしか出ず、かわいい・・・

 

ピカリバブル

 

スタッフにはKMD生がたくさん!

そう、ここはKMDのプロジェクトの1つである超人スポーツが主催の

未来のスポーツ 「ピカリバブル」なのです!

ピカリバブル KMD

2日とも親子が途切れることはなく常に長蛇の列でした。

 

さて、次にすすみましょう!

芝浦 KMD

 

おや?お買い物中かな?

いえいえ違うのです。これは竹芝の未来の街をつくる材料なのです!

 

竹芝 KMD

 

箱ももらって、思い思いの街を自由に作っていきます!

こちらもKMDのプロジェクトであるCiP協議会のワークショップ。

 

CiP協議会は、中村伊知哉先生が理事長をつとめ、KMDを中心に

東京都竹芝地区に、コンテンツを核とした国際ビジネス拠点を形成すべく、

デジタル×コンテンツに関する様々な活動を行っています。

 

CiP協議会 KMD

 

KMDのお兄さんが一緒に材料も選びます(笑

 

CiP協議会 竹芝 KMD

 

どのワークショップも、子どもたちが笑顔いっぱいで

取り組んでいる様子が印象的でした^^ 来年もぜひ参加したいです!

 

石戸奈々子先生、中村伊知哉先生、

運営のみなさま、本当におつかれさまでした!!!

 

「超人スポーツ協会」設立イベントが開催されました!

concept5

 

KMDは、稲見昌彦教授、中村伊知哉教授らを中心に、国内のスポーツ・ロボット・人間工学・
ヒューマンインターフェース研究者、ゲームクリエイターらと共に、
超人スポーツ協会(Superhuman Sports Society:略称「S3」)を設立致しました。

スポーツとテクノロジー、文化を融合することで、いつでもどこでも誰でも楽しめる
新領域のスポーツ「超人スポーツ」を開拓し、超人スポーツによる新たなスポーツの祭典を今後創っていく予定です。

イベント内容レポート(超人スポーツ協会ホームページ):

http://superhuman-sports.org/150602_repo/ 

 

— ● 超人スポーツ協会 設立イベント(終了)● ———————————————————————————-

【日時】2015年6月2日 17:00 開場予定 ※時間がずれる可能性があります。
【場所】慶應義塾大学 三田キャンパス (〒108-8345 東京都港区三田2-15-45)
設立イベント:東館G-SEC Lab 6-7F / 懇親会:北館 ファカルティクラブ

【会費】設立イベント:無料  / 懇親会:5000円/人(予定)

【お申込み方法】http://superhuman-sports.org/150602_info/

——————————————————————————————————————

JINS MEME Hackathon にKMD特任准教授Kai Kunzeが講師として参加!

11169900_824614124296368_7375834141952235778_n

4月25~26日にEngaget 電子工作部主催の「JINS MEME Hackathon」が開催されました。
同イベントで、KMD特任准教授Kai Kunzeが講師としてアカデミックプレゼンテーションに登壇しました。

2日間に渡ってJINS MEME をハックして、対応iOSアプリを作り上げることを目標に、
25人が5人体制のチームで挑みましまた。

スクリーンショット 2015-04-30 10.31.29

三点式眼電位センサー、三軸加速度センサー、三軸ジャイロ(角速度)センサーを
搭載したJINS MEMEで瞬きや頭の傾きなど身体に関する情報を集めてどのように使うのかを考え、
メガネをハックし、アプリとして発表。

5月30日(土)にはEngadget 例大祭にて展示される予定です。お楽しみに!