潜入!パイプライン2 ーひゃあ〜!KMDは強烈個性の玉手箱やぁ〜!ー

 

a0002_005374_m

サブタイトルに特に意味はありません。

こんにちは、M1島田です。

本日は、春学期後期に行われたM1の必修授業「パイプライン2」のレポートをお伝えしたいと思います。

前回記事(パイプライン1)

 

 

パイプライン1でKMDの恐ろしさ…素晴らしさを体感した私たち15年4月入学のM1。

一つの山を登りきって、一息つきたい…と思ったけれど、間髪を入れずに目の前に現れたのは更に大きな山でした。

それが、パイプライン2です。

 

 

inakage-thumb-800x800-1517

パイプライン2、最初の週にいきなりKMDの大ボスとの格闘…講義が始まります。

我らが稲蔭委員長!!

毎日変わる、「どこで買うんだろう…?」と思わずにはいられないカラフルな柄シャツが講義の見どころ…

 

 

 

ではありません!笑

グローバルに活躍する「リーダー」とはどうあるべきか、

「アイデア」を「コンセプト」にまとめるにはどうしたらいいのか、

メディアの特性を活かした「デザイン表現」を考える、

など様々な実例を元に、遊び心溢れる講義でビジネスのベースを学びます。

座学もありますが、基本的にみんなで実際に体を使ったり頭を使って課題に取り組みます。

 

 

 

私が印象に残っているのは、やっぱりここでもエレベーターピッチ。

KMDに入るとよくやるんです。この訓練。

ある日突然、エレベーターで大企業の社長に遭遇するチャンスが訪れたら…

あなたはどんな言葉で自分を売り込むでしょうか?

 

43b8e5ef4d9fcd60f99b4d4eee353fb8_m

今回はクラッシュコースとは違い、実際にKMDのボスである稲蔭先生に自分を30秒以内に売り込んでみます。

教室のスクリーンにエレベーターの映像を流し、同期が見守る中、

自分がやりたいこと、その新規性、可能性、何を協力して欲しいのか等々、話します。

 

 

 

伝えるって難しい!

そして、エレベーターはやーーーーーーい!

だれか!時を…止めて…!!というか、エレベーターの扉開かないで!!

とか思いつつ、残酷にもあっという間に時は過ぎるものです。

 

 

人生のなかで、いつ、どこでチャンスが訪れるかは誰にもわかりません。

そのチャンスが明日来たとしたら、あなたはそれを掴み取れるでしょうか?

備えあれば憂いなし!

いずれ来るビッグウェーブに乗るための準備は、KMD生にとっては欠かせないのです。

 

 

そんなこんなで、色んなテーマでグループワークを経て、次の週!(雑)

 

 

11828572_10207294456859653_895227022986142462_n

今度はKMDが誇るインターネットビジネス界の巨人、古川享先生の授業。

みなさんご存知かとは思いますが、古川先生は日本Microsoftの初代CEOであり、

ビルゲイツや世界のインターネッツ猛者たちと幾つもの修羅場をくぐり抜け、対等に渡り合ってきたキングオブビジネスマン。

 

 

 

そんな先生の贅沢な授業を受けられるのはKMDだけ!

夢をビジネスとして実現させるための具体的な方法を教えてくださいます。

時には厳しいご意見もくださいますが、基本的に愛の鞭!

先生の懐の深さはマリアナ海溝に例えられるほどなのです。

(私にはなんの権限もありませんが、異論は認めません。)

 

 

378485_1735257957083_345923091_n

そのまた次の週は、太田直久先生と古川先生の共同授業!豪華!

自分のアイデアを人に簡単に伝えるための、

「プロトタイプビデオ」を全員が作成できるようになるための授業をしてくださいます。

KMDの所有する最新の映像・音響システムを実際に使いながら、実践的に学びます。

 

 

様々な撮影技法を座学で学び、

動画配信を実践したり、

照明の当て方による印象の違いを学んだり、

動画の素材を与えられて、編集によってグループごとに異なるストーリーを作ったり…

とにかく、すっごく楽しい授業です!!動画作り楽しい!!キャッキャ!!

太田先生のキャラクターも、お腹にやさし〜い感じです。

包み込まれます…

 

 

さて!!

 

 

これらの授業を踏まえて、グループでひとつのプロダクトやサービスを作り、

プレゼン、プロトタイピングビデオの発表を行います。

製品をどのように提供し、利益を得るのか、細かな想定まで行います。

 

 

それでは、今回はパイプライン2の作品の中で、

特に私の心を打ち抜いた作品のビデオをちょっとだけご紹介します!

 

 

 

独身男性のお家に住み着く、女の子のオバケがコンセプト。

寂しい一人暮らしに彩りを添える、AIとの対話サービスのご提案

「GHOST IN THE HOUSE」です。

 

 

 

 

いかがです?このサービス、ちょっといいですよね。

いかにもな妄想ですが、実現したらちょっと嬉しい。

実は、この動画はドバイで開かれるDubai Design Weekに出展が決定!!

現地のメディアにも取り上げられるみたいですよ!!キャーすごい!!

この動画を制作したグループはドバイでオイルのビッグウェーブに乗れるのでしょうか?

 

 

 

このように、単なる基礎講座に留まらず、

良いものは世界の大舞台に立つことができるパイプライン2の授業。

次のビッグウェーブに乗るのは、そう…あなたです!!!!

Why don’t you join us…?(ウインク、ばっちーーーーん⭐︎)

 

 

 

 

※毎年パイプライン2の優秀者がDesidn Weekに出展できる訳ではありません。

※パイプライン2の授業の内容が毎年同じな訳ではありません。

 

ライター:島田誠奈

プロトタイプビデオ
Actor:村田さとし
Director:高島瑛彦
Produced by: DK.FIVE

「第23回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト」にてKMDのチームが予選2位通過!

9月10日(木)から11日(金)まで、芝浦工業大学豊洲キャンパスにて行われた、「第23回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト」でリアリティメディアプロジェクトのチーム「NULLNULL’s 」(加藤大弥、佐々木智也、杉本将太、中尾拓郎、伏見はるな)が予選を2位で通過しました。

DSC_4043

決勝大会(入場無料)は10/24-25に日本科学未来館7階イノベーションホールで開催されます。

 

国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC)では、日本中の大学から、このコンテストのために、VR(バーチャルリアリティ)と工学などの分野を融合させて、様々なアイディアを形にしています。

学術学会の登竜門と言われるIVRC。リアリティメディアプロジェクトでは毎年研究開発の基礎を学ぶ場として、修士1年生の学生たちがチームを組み、それぞれ思い思いのコンテンツを作ります。

 

今年は、Reality Mediaプロジェクトから3チーム、Superhuman Sportsプロジェクトから1チームが参戦しました。

DSC_3988  DSC_3974 DSC_4002

音を触れる形に立体化し、音符に触覚情報を提示する音符型デバイス「ノーツインマイハンド」や、手の触感を増幅し、手の視点になってみることで、まるで自分が手に憑依したような感覚を再現する「テバター」、ふわふわと浮遊感のあるボール シャボン玉をつかった新しいスポーツ「シャボミントン」に加え、今回予選を2位通過したチームの「ニョキニョキ豆の木」。

「ニョキニョキ豆の木」はブレーキ機構で制御されたロープデバイスと仮想空間の表現により、ユーザの身体を用いて、仮想空間における没入感ある「上方向」への移動体験、擬似的に再現された高所において、実際の高所で感じるようなスリルや興奮が喚起される体験です。演出としては、天空に住む鬼が村に降るはずの雨を光の玉に閉じ込めてしまったため、巨大な豆の木を登って、天空にある光の玉に触れるというミッションが設けられています。

DSC_4023

DSC_4037

10/24-25に行われる決勝大会@日本科学未来館7階では1位から11位の作品が一般公開(入場料無料)されます。誰でも体験できるので、この際に是非足を運んで自分で体験してみてはいかがでしょうか?

すなさんぽ
すなさんぽ
By ,   No tags,   0 Comments

8月某日。時は昼下がり。

所は東京ビッグサイト。

 

 

すなさん

みんなであの人の名前を呼んでみましょう。

っせ~の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\すなさ~~~~ん/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキャン

この記事は、インターネット界の偉人であり、KMDきっての奇人である砂原秀樹先生(以下、すなさん)の休日に密着し、

その生態に迫るレポートである。

 

 

おやおや、人混みの中からすなさんがひょっこり現れましたね。

関係ないから見なくていいよ_9688

こんにちは、すなさん。今日は宜しくお願いいたします。

 

 

本日やってきたのは「鉄道模型コンテスト」。凄い賑わい。

 

ほい3

鉄道模型コンテストとは、「鉄の甲子園」と言われていて、高校生や有志団体が鉄道模型の制作発表をする場であるとともに、

様々なイベントや体験型ワークショップを行うイベントです。

今年の鉄道模型コンテストは特別協賛の鉄道模型メーカー・KATOのNゲージ50周年イベントとあって、

鉄ちゃん&鉄子のボルテージも上がっております。

 

 

鉄オタもいろいろな種類がありますが、すなさんはKMDの中でも有数の、模型を愛する鉄オタ。

学生たちの鉄道への熱い思いをしかと受け止めんと、気合十分です。

(KMDの教授陣の鉄オタ率は高い。古川亨先生は鉄道写真家を自称する程!)

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_5340

早速学生たちに話しかけながら、各展示を回るすなさん。

 

 

 

時折テンションがあがってスタスタ早歩きになります。

 

関係ないから見なくていいよ_1106

まってまって~~~~

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_8754

歩き回っているうちに鉄道模型・そしてKATOの歴史をたどるコーナーにきましたね。

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_5209

新幹線の車幅と在来線の車幅について熱心に解説してくれるすなさん。

 

 

 

お次は鉄道車体に記されている機種名の解説。

いい感じにヒートアップしてきていますよ…

関係ないから見なくていいよ_5282

「なはっ!!!!!!」

 

 

 

 

このヒートアップぶりは…

春学期の授業「Computer System Architecture」でも見たことがない高ぶり。

ちなみに、Computer System Architectureは、コンピューターの進化の歴史をたどりつつ、どのような仕組みで動いているのか、

どんなことができるのか、等々、コンピューターの世界をわかりやすく、というかわかるまで叩き込んでくれる素晴らしい授業です。

 

 

 

砂原先生はWIDEという組織で日本のインターネットを村井純さん等と共に作り上げた伝説的人物でありながら、

初心者のいかなる質問にも答えてくださるありがた~い教授なのです!

この人が居なければ、この記事はみなさんに届かないんです。

日本のインターネットを作った一人なんですからね。

 

 

 

そんなすばらしい教授をこんな記事でフランクに取り上げていいのか!?

いーんです!!!笑

 

 

 

おっと、脱線してしまいました。(鉄道だけに)

 

 

 

おやぁ、これは高校生モジュール部門文部科学大臣賞 最優秀賞を勝ち取った作品ですね。

むむっ!!これは女子校!!

共立女子高等学校 地理歴史部!!

 

 

 

ほい1

そうそう、先ほどから鉄ちゃん&鉄子と言っていますが、鉄道の世界には女の子だってちゃんといるんです。

しかも、鉄子は結構活躍しているんです!共立女子の地理部に関しては前年度は優秀賞でした。

「地理部」故に、全員が全員鉄子な訳ではないですが、部員の中には様々な鉄道オタクがいるそうです。

わたしがお話を聞いたのは「音鉄(鉄道の音を楽しむオタク)」ちゃんでした。

 

 

関係ないから見なくていいよ_1338

グランプリを取った共立女子高等学校の他に、複数校、女子校が出展しています。

こちらは白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン班の作品。三谷幸喜監督の「マジックアワー」の世界。

ネオンがリアル!!!

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_3315

こちらも白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン班の作品。みなさん手先が器用で、

かつ、想像力や表現力がすばらしいです。これは「ポニョ」の世界ですね!

 

 

 

白梅学園も昨年は来場者が選ぶベストワン賞に選ばれたようです。

鉄子ちゃんたちは優秀!!!!女の子だから、手芸感覚で器用に世界観を作れるんですね。

これからも、鉄子ちゃんたちの活躍には期待したいですね。

 

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_305

おおっと!催し物コーナーでは、多くの鉄ちゃん&鉄子を支える企業・KATOの加藤社長自ら登壇されています。

KATO社長、トークもキレキレ!!ハッピ姿もキマってる!!

観客の皆さんの反応もバッチグーです!!

 

 

 

なぜ、一大学院のウェブ記事にこんなに特定の企業が登場するのか…

それは、KATOが我らがフォーラム”KMD FACTORY”のスペシャルパートナーだからです。

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_3580

お、競合他社の社長たちもいっしょ!!

シャッチョサーン!!!!!!!達の夢の共演。

鉄オタたちの質問や要望に回答していますね。

ファンたちの声を真摯に受け止める社長さんたちには本当に頭が下がります。

 

 

関係ないから見なくていいよ_3413

話を聞くすなさん。

ちなみにすなさん、当たり前ですが、KATOから出た50周年記念鉄道模型を予約。

 

 

 

241d2f_ea7739cdb15342388d77da9406604067.jpg_srz_789_488_85_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srz

さすがです。

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_1889

おや、すなさん…

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_6136

満面の笑みでこちらをみています。

なにか発見したようですね。

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_2387

機関車が倉庫に入るときにぐるぐるするやーつ!!!!

(正式には「転車台」といいます。)

 

 

機関車好きにはこれ以上ないロマンですね。

 

 

関係ないから見なくていいよ_5991

ややっ!珍しいものを発見!

 

 

 

関係ないから見なくていいよ_5750

SONYも昔はNゲージをだしていたそうです。

人に歴史あり、企業にも歴史あり、Nゲージにも歴史あり!!!

 

 

 

 

 

なんだか歩き疲れてしまいましたね。

KATOの歴史や鉄ちゃん&鉄子の熱気に触れた1日でした。

青春を鉄道に捧げる青年達はまぶしかったです。

来年はわたしも鉄道模型作っちゃおうかな!?

すなさんはまだまだ元気のようですが、今日のすなさんぽはここまで!

 

 

 

次回のすなさんぽ(開催未定)にご期待ください。

 

 

KATO HP

http://www.katomodels.com

 

 

ライター:島田誠奈

クオリティが異常に低い写真:島田誠奈

潜入!KMD洗礼の儀、クラッシュコース

はじめまして、この春KMDに入学した修士一年の島田です。

今回は、KMD生が入学していちばん最初に参加する「クラッシュコース」という合宿を紹介します。

 

29

クラッシュ、壊す。

 

 

クラッシュコースでは、入学者の固定概念をクラッシュし、凝り固まったアタマを解きほぐす作業を2泊3日の合宿で行います。

4月某日(入学式の翌日)、午前9時に日吉のイチョウ並み木に新入生が集合します。
眠い目をこすり、初めて会う同期たちと共にバスに乗り込み、向かうは伊豆・修善寺。

 

1

着いてすぐに行われるのは、委員長・稲蔭正彦先生のオープニングトーク。

 

 

3
みんなの表情もまだ固い…。

昼食をとったら、すぐにプログラムがはじまります。

 

 

6
まずはアイスブレイキング。といっても、もう既にメディアイノベーター育成のための訓練は始まっています。

30秒で相手に自分のことを伝える、「エレベーターピッチ」を行っています。

 

26

時間に追われる緊張の中でも、自然と笑みが生まれます。

 

 

そうそう、この合宿のすごいところその①、教授が全員やってくる!!

KMDの教授陣はとにかく多忙!そんななか、2泊3日の合宿には全員参加してくださいます。超豪華!

2

報道やバライティ番組に引っ張りだこの岸先生もいらっしゃいます。

 

 

先生

カイ先生と稲見先生。

これから始まるワークショップの打ち合わせでしょうか??

 

アイスブレイキングが終わると、グループワーク。
各教授がワークショップのプログラムを持ち寄り、グループごとにこなしていきます。

 

18

 

19

グループで修善寺のPRビデオをつくってプレゼンしていますね。

 

そしてお待ちかね、夕食タイム!!

 

21

朝から晩まで頭を使うので、夜ご飯は豪華!
その後は全員で飲み会!

 

25

そして、この合宿のすごいところ、その②
飲み会はいいお酒がたっくさ〜〜〜〜ん!!いいワイン、いい日本酒、なんでもござれ。

 

 

10

11
修士2年の先輩や教授陣と一気に仲良くなれる飲み会です。

聞くところによると、どうやらこの飲み会でクラッシュする人もいるとかいないとか。

 

 

2日目は
新しいスポーツを考えてプレゼンしたり

 

 

16
お、修士2年の美人二人が応援しております。

 

 

20
パソコンをイチから組み立てたり…

 

 

15
LANケーブルを作ってみたり…

 

 

17
計算機(パソコンのことを、ネットワークの先生はそう呼びます)の歴史を聞いたり…
一日中、朝から晩まで頭や体をフルに使うので、結構疲れます!笑

 

 

kawaii

二日目の夜は、さすがに皆さんお疲れなので有志のみで飲み会をします。

 

 

そして最終日の午前中は
CiP(中村先生の港区竹芝開発プロジェクト)のワークショップ。

 

 

sennse

出されたお題に従って、港区竹芝で何ができるかグループごとにアイデアを出して、

 

 

えり

プレゼンします。

 

sippu

 

 

怒涛のインプットとアウトプットの三日間。

クラッシュコースとは言い得て妙だと思うのが、本当に行く前と行った後では自分の考え方が少し変わります。

これまで、「できない、そんなの無理。」と思っていたことでも、「どうにかすればできる。」

「というか、不可能なことなんて、あまりないんだ。」といった考え方にシフトされました。(個人的な感想ですが)

 

 

 

さて、今年の9月、そして来年4月のクラッシュコースはどんな新入生をむかえて、どんな内容になるのでしょうか?

 

 

ライター:島田誠奈

写真撮影:徳本修、Hirohiko Hayakawa