【KMD Forumスポンサー記事】CANVASが考えるKMDとのコラボレーションとは

開催まで3週間を切り、KMDもフォーラムムードがすこしずつ高まってきていますね!

そんな中、今回はフォーラムのスポンサーであり、KMD石戸奈々子准教授が代表を務める

NPO法人CANVASさんへ訪問に行って参りました!

 

canvas1

入ってすぐの作業スペースでは終始和やかな雰囲気が漂っておりました。緑の芝スペースでは、ワークショップも行われるそう。

 

さて、今回CANVASスタッフの小林千草さんに、CANVASさんについて、KMDとの関わりなどについて伺いました。

canvas2

小林千草 CANVASで主に企業・商業施設・地域施設のワークショッププロジェクトの企画・運営・調整を行う。一年の大半はワークショップのプロジェクトにて、出展者との調整や、運営まわりのディレクションを行うそう

 

– CANVASさんは漠然と「こどものための」NPO法人というイメージがあるのですが、具体的にどのようなことを行っている団体なのですか?

 

CANVASは、こどものための創造・表現の場を提供し、豊かな発想を養う土壌を育てることを目的として設立されたNPOで、産官学様々なプレイヤーのみなさまと連携しながら、「未来をつくる」プロジェクトを生み出しています。

理事長はKMDの石戸が勤めております。これまで全国で約3,000回のワークショップを実施し、およそ35万人のこどもたちに参加いただきました

 

外部からは、こども向けのワークショップだけを実施する団体のように思われがちですが、それだけではない活動も多々行っています。企業と共同した教材づくりや、自治体と連携してこどもを中心としたまちづくり、商業施設やマンションのキッズスペースづくりなど、これからを生きる子どもたちが創造力を発揮して最大限に活躍できるような 「環境づくり」につながることは、なんでも取り組んでいます。

最近ですと、教材作りの例として、クリエイティブ・イマジネーション・トイ、「エポンテ」の企画協力(株式会社シヤチハタ)、まちづくりの例としては、墨田区さんと「すみだおもてなしプロジェクト」という墨田区内小学生が参加したキャラクターコンテストなどがあります。

 

CANVAS 石戸 KMD

 

CANVAS が行っているワークショップは、「モノをつくる」ことだけがゴールなのではなく、五感を通じて感じ、自分の頭で考え、誰かと一緒につくり、そして 発表するプロセスを楽しむ中で学んでいくことを重視しています。

そもそもモノをつくらないワークショップもあります。例をあげると「紙の階段(プログラム協力:深沢アート研究所)」という、細長く切った紙をじゃばら折りにして階段状にし、それを空間の色々なところに貼り付け、空間を階段だらけにするというものがあります。

特に持ち帰れるものがあるわけではなく、真っ白な紙の階段でいっぱいにした空間を作り、その世界観を楽しむプログラムです。普段こどもたちが行っているモノづくりや遊びは、手元で行われるのがほとんどだと思いますが、ちいさなアクションで「空間を変えてしまう」という体験によって、広い視点でモノを見たり「自分こんなこともできるんだ」といった自信につなげる意図もあります。

そのほかにも“未来を考える”“発明をする”等、発想力・創造力が求められるアイデア系のワークショップ、プログラミングやロボット・アニメなどデジタル系のワークショップも実施しております。

 

-「こども」に関して数々の活動を行われているだけではなく、ワークショップに限定しても、色々な性格を持ったものを企画されているのですね。そんなCANVASさん、KMDともこれまで色々な関わりがあると伺いましたが。

 

そうですね。毎年夏に行われる「ワークショップコレクション」という全国でワークショップの活動をされている方を一堂に集めた博覧会イベントでも、中村伊知哉先生・石戸さんの研究室のみなさんだけではなく、「超人スポーツ」プロジェクト等、多くのプロジェクトの方に参加いただきました。

ワークショップコレクションは今年で11回目を迎えましたが、初期のころから長く関わっていただいており、共同の主催者としても何度もご一緒させていただいております。

 

s_11th01

8月29・30日に開催されたワークショップコレクションの様子。2014年、約80組のアーティストの作品で解体ビルの壁、床、天井を埋め尽くした話題のアートイベント「#BCTION」とコラボして、取り壊し前のビルに自由にペインティングできるワークショップが話題を呼んだ。

 

-ワークショップコレクションを通じてKMDとCANVASで様々な「コラボレーション」を図ることができたように思うのですが、今後他にもKMDと共同で行いたい企画などはありますか?

夏休みなど長期休みを子どもたちへ開放して「こども×デジタル」を中心としたプログラムを実施できたらいいですね。

大学がもっとこどもたちに開放され、こどもたちにとっての学びの場にもなるといいのではないかと思っていて、これまでも大学のキャンパスでサマーキャンプなどを開催してきました。普段接することのない大人と関われる場、学校とは別の学びを深める場。

大人からこどもに一方的に与える場にするのではなく、“キッズ研究員”として大人と一緒におもちゃ開発をする、一緒にデジタルえほんをつくるというのも面白そうです。大学という場に足を運び、直接大人とこどもが議論したり考えたりする経験って、これから社会に出て、人と一緒に仕事をしていく上では大切なことかと思います。

 

 

ワークショップコレクション 日吉

2013年に慶應の日吉キャンパスで開催されたワークショップコレクション

 

小さいときって、学校・習い事の先生・友達、家族くらいしか関わる機会がなくて、世界が狭くなりがちじゃないかと。

得に大学生のように何かに向かっている途中の大人と関わることで、刺激を受けたり、社会へ発信することに関心をもってくれたり、人との距離感を学んだり、やりたいことを見つけたり、足りないものを感じたりできるのではないでしょうか。

大人側も未熟なこどもとして接するというより、柔軟な発想力をもった一人の人間としてとしてアイデアをぶつけ合える関係になれるといいですね。

 

 

もう一つは「超人スポーツ・ゆるスポーツ」と共同して「キッズスポーツアイデアソン」を行いたいですね。

オリンピックも2020年に控えて関心が集まっている良い機会ですし、石戸とも以前よりスポーツ関連でこどもと面白いことやりたいねと話していました。趣向性や得意不得意に限らず、こどもたち目線の楽しみ方やルール、みんなが楽しめるスポーツがあったらいいなと思います。

 

バブルサッカー

2015年「ワークショップコレクション」内で行われた「超人スポーツ」の「バブルサッカー」

 

こどもは鋭い「直感力」があり、時に大人顔負けの意見や、社会への問題 提起をストレートに言ってくれたりもしますよね。そういうこどもならではの「素直な意見」を取り入れた、こども発信のスポーツを考えることで、大人から見えない角度のスポーツが生まれるのかな、と思っています。運動不慣れな子も活躍できる場になるといいですよね。

“スポーツの実施”までいくことが望ましいですが、そこに至らなくても「こども発のスポーツを考え出す」ことだけでも、熱中するコンテンツを生み出す力、純粋に体を動かす楽しさなどシンプルなスポーツの楽しみ方がみえる機会として意義があると考えています。そういった意味でも、「超人スポーツプロジェクト」を持つKMDと共同で何かを企画することで面白いスポーツを「イノベーション」できるのではないでしょうか。

KMDとのコラボレーション、どれも面白そうですね。なによりこどもたちで賑わうキャンパスを想像してみて、胸が高まりました!
取材をしてみて、CANVASさんの「こどもたちの可能性への期待」を感じることができました。小林さん、CANVASスタッフのみなさん、ありがとうございました!

 

 

文・写真

西 恵梨
 

潜入!パイプライン2 ーひゃあ〜!KMDは強烈個性の玉手箱やぁ〜!ー

 

a0002_005374_m

サブタイトルに特に意味はありません。

こんにちは、M1島田です。

本日は、春学期後期に行われたM1の必修授業「パイプライン2」のレポートをお伝えしたいと思います。

前回記事(パイプライン1)

 

 

パイプライン1でKMDの恐ろしさ…素晴らしさを体感した私たち15年4月入学のM1。

一つの山を登りきって、一息つきたい…と思ったけれど、間髪を入れずに目の前に現れたのは更に大きな山でした。

それが、パイプライン2です。

 

 

inakage-thumb-800x800-1517

パイプライン2、最初の週にいきなりKMDの大ボスとの格闘…講義が始まります。

我らが稲蔭委員長!!

毎日変わる、「どこで買うんだろう…?」と思わずにはいられないカラフルな柄シャツが講義の見どころ…

 

 

 

ではありません!笑

グローバルに活躍する「リーダー」とはどうあるべきか、

「アイデア」を「コンセプト」にまとめるにはどうしたらいいのか、

メディアの特性を活かした「デザイン表現」を考える、

など様々な実例を元に、遊び心溢れる講義でビジネスのベースを学びます。

座学もありますが、基本的にみんなで実際に体を使ったり頭を使って課題に取り組みます。

 

 

 

私が印象に残っているのは、やっぱりここでもエレベーターピッチ。

KMDに入るとよくやるんです。この訓練。

ある日突然、エレベーターで大企業の社長に遭遇するチャンスが訪れたら…

あなたはどんな言葉で自分を売り込むでしょうか?

 

43b8e5ef4d9fcd60f99b4d4eee353fb8_m

今回はクラッシュコースとは違い、実際にKMDのボスである稲蔭先生に自分を30秒以内に売り込んでみます。

教室のスクリーンにエレベーターの映像を流し、同期が見守る中、

自分がやりたいこと、その新規性、可能性、何を協力して欲しいのか等々、話します。

 

 

 

伝えるって難しい!

そして、エレベーターはやーーーーーーい!

だれか!時を…止めて…!!というか、エレベーターの扉開かないで!!

とか思いつつ、残酷にもあっという間に時は過ぎるものです。

 

 

人生のなかで、いつ、どこでチャンスが訪れるかは誰にもわかりません。

そのチャンスが明日来たとしたら、あなたはそれを掴み取れるでしょうか?

備えあれば憂いなし!

いずれ来るビッグウェーブに乗るための準備は、KMD生にとっては欠かせないのです。

 

 

そんなこんなで、色んなテーマでグループワークを経て、次の週!(雑)

 

 

11828572_10207294456859653_895227022986142462_n

今度はKMDが誇るインターネットビジネス界の巨人、古川享先生の授業。

みなさんご存知かとは思いますが、古川先生は日本Microsoftの初代CEOであり、

ビルゲイツや世界のインターネッツ猛者たちと幾つもの修羅場をくぐり抜け、対等に渡り合ってきたキングオブビジネスマン。

 

 

 

そんな先生の贅沢な授業を受けられるのはKMDだけ!

夢をビジネスとして実現させるための具体的な方法を教えてくださいます。

時には厳しいご意見もくださいますが、基本的に愛の鞭!

先生の懐の深さはマリアナ海溝に例えられるほどなのです。

(私にはなんの権限もありませんが、異論は認めません。)

 

 

378485_1735257957083_345923091_n

そのまた次の週は、太田直久先生と古川先生の共同授業!豪華!

自分のアイデアを人に簡単に伝えるための、

「プロトタイプビデオ」を全員が作成できるようになるための授業をしてくださいます。

KMDの所有する最新の映像・音響システムを実際に使いながら、実践的に学びます。

 

 

様々な撮影技法を座学で学び、

動画配信を実践したり、

照明の当て方による印象の違いを学んだり、

動画の素材を与えられて、編集によってグループごとに異なるストーリーを作ったり…

とにかく、すっごく楽しい授業です!!動画作り楽しい!!キャッキャ!!

太田先生のキャラクターも、お腹にやさし〜い感じです。

包み込まれます…

 

 

さて!!

 

 

これらの授業を踏まえて、グループでひとつのプロダクトやサービスを作り、

プレゼン、プロトタイピングビデオの発表を行います。

製品をどのように提供し、利益を得るのか、細かな想定まで行います。

 

 

それでは、今回はパイプライン2の作品の中で、

特に私の心を打ち抜いた作品のビデオをちょっとだけご紹介します!

 

 

 

独身男性のお家に住み着く、女の子のオバケがコンセプト。

寂しい一人暮らしに彩りを添える、AIとの対話サービスのご提案

「GHOST IN THE HOUSE」です。

 

 

 

 

いかがです?このサービス、ちょっといいですよね。

いかにもな妄想ですが、実現したらちょっと嬉しい。

実は、この動画はドバイで開かれるDubai Design Weekに出展が決定!!

現地のメディアにも取り上げられるみたいですよ!!キャーすごい!!

この動画を制作したグループはドバイでオイルのビッグウェーブに乗れるのでしょうか?

 

 

 

このように、単なる基礎講座に留まらず、

良いものは世界の大舞台に立つことができるパイプライン2の授業。

次のビッグウェーブに乗るのは、そう…あなたです!!!!

Why don’t you join us…?(ウインク、ばっちーーーーん⭐︎)

 

 

 

 

※毎年パイプライン2の優秀者がDesidn Weekに出展できる訳ではありません。

※パイプライン2の授業の内容が毎年同じな訳ではありません。

 

ライター:島田誠奈

プロトタイプビデオ
Actor:村田さとし
Director:高島瑛彦
Produced by: DK.FIVE

「第23回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト」にてKMDのチームが予選2位通過!

9月10日(木)から11日(金)まで、芝浦工業大学豊洲キャンパスにて行われた、「第23回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト」でリアリティメディアプロジェクトのチーム「NULLNULL’s 」(加藤大弥、佐々木智也、杉本将太、中尾拓郎、伏見はるな)が予選を2位で通過しました。

DSC_4043

決勝大会(入場無料)は10/24-25に日本科学未来館7階イノベーションホールで開催されます。

 

国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC)では、日本中の大学から、このコンテストのために、VR(バーチャルリアリティ)と工学などの分野を融合させて、様々なアイディアを形にしています。

学術学会の登竜門と言われるIVRC。リアリティメディアプロジェクトでは毎年研究開発の基礎を学ぶ場として、修士1年生の学生たちがチームを組み、それぞれ思い思いのコンテンツを作ります。

 

今年は、Reality Mediaプロジェクトから3チーム、Superhuman Sportsプロジェクトから1チームが参戦しました。

DSC_3988  DSC_3974 DSC_4002

音を触れる形に立体化し、音符に触覚情報を提示する音符型デバイス「ノーツインマイハンド」や、手の触感を増幅し、手の視点になってみることで、まるで自分が手に憑依したような感覚を再現する「テバター」、ふわふわと浮遊感のあるボール シャボン玉をつかった新しいスポーツ「シャボミントン」に加え、今回予選を2位通過したチームの「ニョキニョキ豆の木」。

「ニョキニョキ豆の木」はブレーキ機構で制御されたロープデバイスと仮想空間の表現により、ユーザの身体を用いて、仮想空間における没入感ある「上方向」への移動体験、擬似的に再現された高所において、実際の高所で感じるようなスリルや興奮が喚起される体験です。演出としては、天空に住む鬼が村に降るはずの雨を光の玉に閉じ込めてしまったため、巨大な豆の木を登って、天空にある光の玉に触れるというミッションが設けられています。

DSC_4023

DSC_4037

10/24-25に行われる決勝大会@日本科学未来館7階では1位から11位の作品が一般公開(入場料無料)されます。誰でも体験できるので、この際に是非足を運んで自分で体験してみてはいかがでしょうか?